So-net無料ブログ作成

やすらげない「やすらぎ」ってナニ? [音楽]

先日ウチの職場で「やすらぎコンサート」なるサロンコンサートがありました。
ちょっと仕事抜けて(よく抜けるんですけど…笑)聴きに行ってきましたが、

「や、やすらげない…」(爆!)
普段メンテナンスしていないピアノは仕方ないにしても、
ヴァイオリンのアナタ、チューニング丁寧にやりなさいよ!
開放弦がズレている弦楽アンサンブルなんて
音程ムチャクチャに破綻するに決まってるじゃん。
チューニング聴いただけでストレスになるのがわかって
そそくさといやいやながら仕事に戻りました。

演奏者がプロじゃないにしても、通りすがりのひとが聞くにしろ、
100%本気で挑まなきゃイカンのです、音楽というものは…
アマチュアでも真剣味のないアマチュアはダメ、
プロ水準は求めないけれども気持ちはプロもアマチュアも同じであって欲しい。
っていつも思うんだけれども、ストイックなのかしらん?

と言いつつ、何年も人前で演奏していない自分が言えることなのかも???
自分も10月ころに某所でコンサートをさせていただくことになりました。
復帰第一線が職場でのサロンコンサートって微妙な心境なんですけど…
あ、キーボードを担当してくれるひと探さなきゃ…(忘れてた!)
どなかた自薦他薦は問いませんのでご紹介ください。
コメント(2) 

コメント 2

あみ

同感!
入場無料の発表会ならいざ知らず、演奏、ライブ、コンサートとして集まっていただく場なら、
プロ、アマの問題じゃないですよね。
そりゃ、ミスもハプニングもあるだろうけど、それを問題ないと思ったとしたら大問題でしょう[ふらふら]
お客様をナメてるなぁと思える演奏もありますしね[冷や汗]

自分達が楽しむだけなら、スタジオで練習してれば良いわけで[冷や汗]

何かしら届ける心が大事だと思います[ぴかぴか(新しい)]
by あみ (2010-07-18 05:24) 

愛の鶴

>あみさん

もう自分はプロの看板下ろしてますけどね、
でも人前での演奏となるとその時だけ看板掲げます。
聴いていただくということは「自分が楽しい」じゃないんだと思ってますから。
聴いていただく人が「よかった、楽しかった」となって頂くための時間ですからね。

どんな場所でも、どんな対象でも、どんな楽曲でも…
コレが自分では譲れないトコロでもあります。
by 愛の鶴 (2010-07-19 02:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。