So-net無料ブログ作成
検索選択

さよならカレトラ、こんにちはアイセントレス。 [HAART]

100526_205734.jpg

昨日薬剤師さんに副作用の相談に乗ってもらって、
今日の晩から早速変更…(はやっ)

ウィルス数もちゃんと抑えてるし、CD4も安定してるんだけれども
副作用に起因しているであろう体調不良がダラダラと続いたので
相談の結果「HIV関連の値が安定している今がタイミングだと思いますよ」
との薬剤師さんの意見で変更することにしました。

RALって新しい薬だからまだまだデータ揃っていないし、
今使っているLPV/rとの比較試験では
そんなにズバ抜けたデータなわけじゃないんですけれども、
(むしろ試験によっては低い評価のものもあるくらいだけれどもね…)

そういう不安要素は薬剤師さんからバッチリ最新情報を入手して
納得したうえで変更しました。
やっぱり現場の意見とか経験って大事ですもんね。

「まだ先は長いんだからHIVだけにとらわれずにカラダ全体の健康を考えての変更はあり」

っていうことで変更しました。

たしかにLPV/rに起因しているであろう副作用とか
他の血液検査の異常とかのほうが今の自分には問題なので、
「前向き変更」ていうことです。
TVD+LPV/rも副作用を増強してしまうこともあるみたいなので
組み合わせを変えることでかなりの要素が改善されるみたいです。

両方とも一日二回、食事関係なしの薬なので
これまでと同じパターンでお薬タイムです。
(コレが一番の決め手だったんです)
朝にTVD(1T)+RAL(1T)、夜にRAL(1T)の合計三錠!
しかも小さ~い!

まだまだ未知の薬であるRALですけれども
これが最後の薬っていうわけじゃないしね、
まだまだ使える組み合わせは沢山ありますから。

これからも服薬率100%維持を目指して頑張るぞ~!!

あ、「鶴と彼」って名前、変えなくちゃ…

「愛の鶴」なんて如何でしょうか?
(なんか日本酒銘柄みたい…笑)
コメント(0) 

副作用に悩む… [HAART]

久々に治療ネタ。

ウィルスも抑制されてるし、CD4も陰性の人に比べれば低いけれども安定。
だけどね~、副作用が悩みのタネになってきてます。
そもそもPIって副作用多いんですが特にLPV/rは「TG上昇」、「そして下痢」が顕著…
結構いまオンパレードなんですよね。

「他の薬併用して抑えられるなら」って思ってましたけども、
TG下げようと思って使った薬で筋肉痛の副作用出ちゃったし、
(コレ、運動不足もあるので副作用とは決められないんですが)
下痢止めの定番「ロペミン」はオイラ使えないんです。
以前に使ってイレウス寸前までいったことがあるので
どうやら血中濃度のコントロールが上手くいかないみたい。
今は「フェロベリン」という薬使っていますが、何となく効いている程度だし。
(それでも何も飲まないよりはマシなんですが)

内服時間とかの条件はやはり変えたくないので、
そうなるとLPV/rからRALへの変更しかないのか?

今の主治医は「いいんじゃない?」と言っていますけれども、
前の主治医の話ではRALはどうもかなり厳格にお薬タイムを守らないと
わりと早いタイミングで耐性獲得しやすいみたいだし、
(今のところ100%内服、誤差30分で頑張ってますけども…「今のところ」だし)
まだ日本人での副作用の承認後追跡って全て終わっていないし…

次のインテグラーゼが出るまで我慢しようかと思ってますけども、
次の候補薬はRTV併用になるようなことがアメリカの治験データで書いてあったし…
(ま、日本で承認されるころにはRTVもRTV-Tになってるでしょうけれども)
う~ん、悩むトコロです…

梅雨時から夏にかけては自律神経の不具合(?)で以前から体調崩しやすいので
ちょっとしたことで下痢気味になったりするんですよね、
それが今ではさらにLPV/rで加速されちゃってるしね。
LPV/rが効いていないわけじゃないし、耐性持っちゃったわけでもないので
将来の選択の幅を減らしてしまうようで、悩んでます。
コレでCD4の値が上がらないとかVLが大幅にBlipしてたら
思い切ってRAL使っちゃうと思うんですが、現状はそうじゃないし…

焦らずに考えたほうがいいんでしょうけれども、焦るよね~。
コメント(2) 

4月からを振り返って… [お仕事]

全く畑違いのフィールドから医療現場の情報担当として
お仕事始めてもうすぐ2カ月になります。
この2か月は早かったし、イロイロと考えることもあったりと、
なかなかブログも更新できず…
ま~「マイペースでぼちぼちと」で始めたからいいか(笑)

医療現場がはじめてで先入観がないから思うのか、
それとも自分が医療というものに無知なだけなのか…
たまにわからなくなりますけれども、HIVに限らず問題を感じますね。

病院若しくは医師に問題があることもありますし、
患者側に問題があることも当然ながらあります。
人間の価値観って人それぞれ違うのだから、
同じことに遭遇してもまた当然のように感じ方も違う。
齟齬から生まれる誤解もありますよね、
そんな軋轢の中で仕事していると多少なりとも疲れますわ…

でも、理想は捨てずに頑張りたいと思います。
「患者であり、現場にいる」という数少ないポジションの人間として
言うことは言わせて頂きたいし、最低限やりたいこともあるし。

これはHIVに限ったことじゃなく医療全般についていえることです、
HIVを特殊な病気と捉えるのは自分の中ではやめようと思っています。
そう思っている以上はそういう目線で見てしまいますからね。
「今のところ完治しない難しい病気」くらいで考えていかないと
どこかで甘えが出てきてしまいますもんね。

上司にあたる人達はみんな自分がHIV+でMSMなことを知っています。
こういう職場なので理解があるのは恵まれていて嬉しいことなのですが、
(当然なかには偏見を持っている人もいますけれどもね)
どうもHIV+ということで周りから「過保護」にされている気もしないでもない…
「HIV+である自分が変わらないと周りのHIVを見る目も変わらない」
それが身をもって理解出来ただけでも収穫なんだなと思います。

「実践あるのみ!」です
コメント(0) 

診察とカミングアウト(の続き) [いろんな出会い]

今週は診察の週でした。

HIV関連の数値は安定しているんですが、
副作用とか採血の数日前から耳掃除し過ぎて(バカ!)
どうも炎症反応が高かったり…
なかなか中性脂肪とかコレステロールとか安定しないね~、
生活習慣そのものを変えないといけないです。

最近はHIVよりも副作用のほうが心配になってきますね、
これが長期療養化したHAARTの弊害ってヤツなんだなって
自分の身をもって感じている最近です。

あ、HAARTって用語、多剤が当たり前になってきたから
ARTって言う用語に置き換わりつつあるんですが、
自分はこれからもHAARTで書いていきますね。
(決して知らないわけじゃないので、念のために…)


さてさて…

先週のカミングアウトした勉強会に出席した方から連絡頂きました。

当日回収したアンケートも読ませて頂いていたのですが、
直接連絡頂けるとやっぱり嬉しいです。

「勉強になりました、今年は検査に行こうと思います」

これだけで嬉しいことだと思います。

参加された皆さんが無関心だったとは思いません、
少なくともSTDというテーマの勉強会に出席されていたわけですから。
でもHIVとなると話がちょっと違ってきてしまうのも事実ですよね。
無関心じゃないけれども「無関心を装ってしまう」っていうか…
なんかパンドラの箱のように捉えられているのかな?
僕はそういう箱は率先して中身見たくなっちゃう性格なんで(笑)

幸いにして批判的な意見はアンケートにはなかったです。
(書かなかっただけなのかもしれませんけどね…)
やはり、「感染経路について何故触れないのか?」って
ご意見もありましたね?そんなに重要なことですか??

性行為での感染なのは間違いないですよ、
それはわかって貰っていると思っていましたけど、
あえて人前で赤裸々に語るようなことなのかな~?
そっちに興味があって、それを濁してるって受け止められたのかな?
それよりも本質に迫ってほしいと思いました。
(なんて書くとココが炎上するかな?)

でも検査に行くこと、それによって知らないふりをやめることが
伝わっただけでもヨカッタのかな?と思っています。
機会があればまたもう少し時間かけてお話出来ればなと思っています。
コメント(0) 

カミングアウト [いろんな出会い]

これも出会いの一つのカタチなのかと…

実は昨日某所で自分がHIVであることをカミングアウトしてきました、
25人くらい居たのかな?その中には既知のヒトも数人いました。
この場に居合わせた昔からの友人、いきなりのことでビックリしたかもしれませんね。

かなりアバウトにいうと「STDを正しく理解して検査にいこうね」という趣旨の勉強会。

まだまだ他人事のように思われているHIVをどうしたら身近に感じてもらえるのか?
そして新しい情報を得て貰って正しく理解してもらえるのか?
ココにポイントをおいて考えた時に「カミングアウト」という結論。
…短絡過ぎますかね?

でも「失敗したな~」とは思っていませんよ。
「理解されない、偏見を持たれている」
そう思っているなら
「理解してもらう、偏見を無くしてもらう」
そう働きかけただけのことです。

結構思い切って動いちゃうんですよね、自分って。
もちろん無節操じゃないですよ、
ちゃんとタイミングと場を選んでますから
「自分が先陣を切って進んでいこう!」なんて考えてません、
今回たまたま「先陣来ちゃった」だけのことです。

お話した内容もネットで公式な最新の資料をかき集めましたし、
HIV+としても自分の例と一般的な話の両方をしましたし、
専門家にも事前に内容添削して頂いて語彙の修正とかも
誤解を招かないようにしてみましたし。

これがこの一回限りのことで終わらないで
心のどこかに残ってくれていればいいなと思っています。

(お出かけ前に記事書いたので後から修正するかも…)

さて、今日は久しぶりの友人とご飯食べに行ってきま~す。
たまにはアクティブに動かないとね!
コメント(0) 

Dies Irae [戯言]

昨日からこんな気持ち…

久しぶりに制御不能ですわ、自分の感情が。
どこかにぶつけたいけども、なかなかそうもいかないしね。

こういうときに音楽に逃げるのが自分の常套手段でして、
今回はDies Irae(怒りの日)へ逃げ込んでます。

普段ならモーツァルトなのに今日は珍しくヴェルディ…
ヘッドフォンで大音響に身を任せてます。
あとからモーツァルトも聴いておこうかな?

毎度恒例のYouTube紹介ですが…
オススメが絞りきれなくてごめんなさい。
Dies Iraeキーワードにお好きな演奏を探してみてください。

コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。