So-net無料ブログ作成
検索選択

病は気から [通院]

HAART導入後の通院間隔って人それぞれですね。
ま、最初は副作用や効果の確認で隔週くらいから始まって、
徐々に月一、隔月、四半期ごととなっていくのが普通なんですが、
自分はいまだに月一です(笑)

いやいや、治療効果がイマイチとか副作用が酷くてとかじゃなくて、
メンタルな問題なんですよね~。
間隔があいてしまうと、ちょっと体調を崩すと(風邪とかでね)
「耐性ついたんじゃない?、CD4激減してない?」
と神経質になってしまって、悪循環が生まれるんですわ。
ま、毎月通院しても全く支障のない職場環境だからできることでもあるんですが、
毎月(といいますか、28日おき)の検査データを自分で把握していないと、
気が済まない損な性格なもので…

先回は事情で隔月になってしまったのですが、やっぱり悪循環が発生~!
「もうアイセントレス効かなくなっちゃったのかな?」とか「CD4二桁?(いきなりありえないけどもね)」とか
そんなことを考えていたら体調もどんどん悪くなってきて、ようやくの通院&血液検査では
「なんにも異常なし、ウィルスは検出限界以下、増幅シグナルなし」…
思い切りの思い込み(ん?)でした。

「病は気から」とはまさにコレですね
コメント(0) 

ご無沙汰しております~ [経過]

最近(というか、かなり…)更新してませんでしたね
体調崩していたわけじゃないのでご安心くださいませ。

ちょっと仕事が忙しくなってきて、帰宅すると食事>薬>風呂布団の生活で、
なかなかPC立ち上げる時間がなかったので。
おまけに買ったばかりのノートPC落とし液晶破損(**)
型落ちセール品だったので修理するか買い換えるか悩んでいて、
しばらくPCが手元になかったというのもありますが。
結局また型落ちセール品を買いました!

「型落ち」って行っても最近は新製品出るのが早いので
カタログにのっていないだけで性能的には全く問題ないですし、
今回買ったノートPCなんて「クアッドコア」なのに5万円以下ですもん。
一昔前では考えられない価格対性能比ですよ。
抗HIV療法の進化とPCの進化って物凄いモノがありますね。
(…と強引に関連付けをしてみる、笑)

さてさて、最近の通院ですが、
月曜の採血の結果は「CD4は500程度、VLは検出せず」といういつもながらの成績。
最初の頃はCD4がちょっと変動するだけで大騒ぎだったのですが、
近頃はVLのほうに目線が行ってますね。
CD4はある程度維持できていれば問題ないですから、
VLコントロールが上手くいっているかに注目してます。
なにせ他の薬と比べてまだまだ臨床データの少ないRAL使ってますから、
効果維持については気になってしまうところです。

分子生物学的に見れば、変異に弱い薬というのは理解できますけども、
変異誘導についてのエビデンスが揃っていないので、そこが不安。
そろそろデータも集まってきているのではと思うのですが、
いつ頃具体的に発表されるんでしょうね?
興味津々で待ちわびている変な患者です。

PIやNRTIなんかと比べて作用機序が異なる薬ですからね~、
勉強すればするほど疑問が湧いてきてドクター捕まえては質問攻めで
欝陶しい患者と思われているのかもしれませんね(笑)
でも、「必要な知識は最低限持ってるべきじゃないの?」と思ってますから。
(最低限が人それぞれなんですけれどもね~)

常にアンテナ張って情報収集の毎日です。
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。