So-net無料ブログ作成
お仕事 ブログトップ

4月突入! [お仕事]

4月1日、辞令交付ですね…

オイラは期待していたとおりに異動が完了して(でも、1年我慢したんだよん~!)
ようやく、「このメンバーとココで仕事がしたい!」願望が叶いました。
おまけに大そうな肩書きまで頂戴してしまいまして、
うれしい半面、期待と責任がモロにプレッシャー(笑)

HIVを取り巻く現状を少しでも改善できることも手に届くポジションになりました。
これからがホントの勝負ですね、誰のためというわけじゃないですが、頑張ります。
春から順調なスタートとなりました。(体重も順調?に増えてます…)
コメント(5) 

4月からを振り返って… [お仕事]

全く畑違いのフィールドから医療現場の情報担当として
お仕事始めてもうすぐ2カ月になります。
この2か月は早かったし、イロイロと考えることもあったりと、
なかなかブログも更新できず…
ま~「マイペースでぼちぼちと」で始めたからいいか(笑)

医療現場がはじめてで先入観がないから思うのか、
それとも自分が医療というものに無知なだけなのか…
たまにわからなくなりますけれども、HIVに限らず問題を感じますね。

病院若しくは医師に問題があることもありますし、
患者側に問題があることも当然ながらあります。
人間の価値観って人それぞれ違うのだから、
同じことに遭遇してもまた当然のように感じ方も違う。
齟齬から生まれる誤解もありますよね、
そんな軋轢の中で仕事していると多少なりとも疲れますわ…

でも、理想は捨てずに頑張りたいと思います。
「患者であり、現場にいる」という数少ないポジションの人間として
言うことは言わせて頂きたいし、最低限やりたいこともあるし。

これはHIVに限ったことじゃなく医療全般についていえることです、
HIVを特殊な病気と捉えるのは自分の中ではやめようと思っています。
そう思っている以上はそういう目線で見てしまいますからね。
「今のところ完治しない難しい病気」くらいで考えていかないと
どこかで甘えが出てきてしまいますもんね。

上司にあたる人達はみんな自分がHIV+でMSMなことを知っています。
こういう職場なので理解があるのは恵まれていて嬉しいことなのですが、
(当然なかには偏見を持っている人もいますけれどもね)
どうもHIV+ということで周りから「過保護」にされている気もしないでもない…
「HIV+である自分が変わらないと周りのHIVを見る目も変わらない」
それが身をもって理解出来ただけでも収穫なんだなと思います。

「実践あるのみ!」です
コメント(0) 
お仕事 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。